映画「来る」と祓いとか流行り病


映画「来る」の、柴田理恵がめっさかっこいいとか岡田准一の殴られの体捌きが相変わらずすごいとか、宗教習俗の人が監修がすげぇとかツイッターで話題になっていたのでAmazon Primeで見た。 なるほど細かすぎて伝わらない宗教監修w

特撮ヒーローものっぽしや

前半の人間ドラマパートは苦手な感じだけど後半の怒涛の展開がかっこいい。 なんかこの感じ子供のとき見てた特撮ヒーローものぽさがある。ウルトラマンまだかなみたいな。
宗教版シン・ゴジラだの、宗教版アベンジャーズゆーてはる人がいましたが、言うて妙。 ドラマパートで鬱積ためてからのカタルシスかや。
いやしかし、各地の宗教精鋭返り討ちってどんだけ荒御魂ってんだろう、これ。 これを超す重要案件なんてあるかえ。いや、祓うのを諦めちゃえばこれはそれほど害はないやつなのかな?

宗教と用

宗教の主な役割には、人が集まる場、価値観の共有、情報の伝達がある。
いや、この3つは今、適当に考えた。

キリスト教圏では90%は自分は信仰を持っていると答えるが実際に教会に通うのは5%。日本人は宗教をもってると答えるひとは5%しかいないが90%はなんらかの宗教行為をおこなっている・・・みたいな話しをどこかで聞きかじった。たぶんイザベラバードの日本紀行あたり。生活の一部になりすぎていて、それが宗教的な行為だと認識していないのだそうだ。

自分も宗教建築とか民俗学的なものは好きなんだけど、科学に基礎足をおいちゃってるのでどうしても、神性とか霊とか怪異とかそんなのを信じるとか信じないとかよりも、なぜそう思うんだろうとか、どうして習慣化されたんだろうみたいな事のほうに興味がむいてしまう。土着の祭りや奇祭は本当にいろいろあるが、なぜそんな風習が生まれ、かつ、継承することができたのか不思議でならない。

たとえば神社で祭壇に供物を供えるのはなんでだろうとか考えたことはあるだろうか。 神仏分離の前、神社は稲の苗とかを育てて農民にわたす種苗業者の役割をしていたという。
作物を神饌として集めその後みんなで食す直会(なおらい)なんか、まんま一度集めて選り分けて翌年の植えるものを決める作物の品評会からの品種改良のプロセス。これはこう食べるとか、誰々ん家の作物が美味いからわけてもらおうとか、育てたものを地域で一同で知識や体験として共有する。そして、毎年冷害だったり日照りだったりで不作になっても作物を選りすぐって供える。供えたあとはシェアする。結果、その風土にあった育種がなされる。

鳥居なんかはなおによし。いかにも在来工法技術の粋であろう。
ものによっては掘立てや礎石の上に建てた2本の柱の上にホゾを彫った梁をのせ、ヌキを通し、クサビをうつ。漆をぬりたるものもあるし、屋根をふくものまである。大工技術の見本市やーーっ!!

ふた柱で永年自立する構造物を建てられるなら、その技術を用いて建てた家はより堅牢なものになろう。 壁や屋根を葺いた後では構造体は見えなくなるが、鳥居は自立構造物としては簡素にして至高。

ここらへん、具体的には国譲り神話のあたり、出雲渡来系と、諏訪縄文系の礎石と竪穴の建築技術の文化の衝突だみたいなこともあるのだけど、・・・話しがそれるのでそれはまた今度。

鳥居は神域との境界だなんて理由付けがあったりするが、交通が不発達だった時代は、雨ざらしの構造体である鳥居を見れば、そのエリアの建築技術水準やそれの財政状況、趨勢がわかるわけで、まさに文明の境界域だったのだろう。

キリスト教でも12使徒で判明している職業は石切(大工)と漁師だ。
石積みの構造物の場合は、2×4工法もそうだが、こちらは壁が全体を支える構造物になる。だから教会系は壁とアーチ構造が見てて楽しい。石積みの壁に窓枠の支えなしに窓穴をあける。窓穴が先でステンドグラスは後。そういう視点でみると世界の構造物はいろいろわくわくすっぞ! ・・・めっちゃ話しがそれた。

ま、そんな感じで、修験道だったらソバの打ち方とかを伝承して山でサバイブする方法を教えるよ、とか、そういう具体的で実用的な用がどんな宗教でもそここに隠れていたりする。

忌みの意味

宗教がただのメンタルヘルス的なものに成り下がったのは大量生産時代だからだろうか。 生産技術の革命的進歩で形骸化してそれが伝える用の本質が失伝しつつあるのも背景にあるのかもしれない。

仏教が伝える大事な要素に遺骸のケアがあるとおもう。かつてまだ土葬の時代、ほにゃらら回忌で墓を掘り起こすタイミングを伝え、お骨として纏めていたりとか、そういうナレッジの塊だった。通夜で親族が不寝の番をするのも、死亡診断技術がなかったからだ。

亡くなった方の家族は49日喪に付すのも死因が判別しなかった時代の、感染症をそこの家族内で留めるためStay Home策に他ならないのではないかと思う。

除菌と禊

「使えるもんはなんでも使う」っていうんで一時期ネットで話題にもなってた「ファブリーズ除霊」を一生懸命岡田准一がシュッシュしているのをみて、ふふふってなった。「びっくりするほどユートピア」がなかったのはそれを入れるととたんにお笑いになっちゃうからだろうか。

12モンキーズは、バイオテロを背景にしたSF映画であるが、目に見えないウイルスや病原菌を信じられず「そんなものは石鹸屋の陰謀だ!」というセリフがあった。同じようなセリフをつい最近ブラジル大統領が言っていてヒックリ返った。台風なので「田んぼの様子をみてくる」ぐらいのフラグ発言である。

新型コロナウイルスの対応策や、ホラー映画の登場人物たちの行動をみていると、なぜそこでそんな判断をするのか、なぜそんな行動をするのかと突っ込みたくなる行為が多い。状況や情報が違えば判断も異なろう。傍目八目。FPSでは見えない視点というのもあるもんだ。

昔しから不思議なのだが、テレビが映ることや、携帯で話しをできることには恐怖を感じないのに、おばけとなると途端に怖がる人がいるのはなぜなのだろうか。霊的なものを怖がる人にテレビの仕組みを理解している人が多いとは正直おもえない。いや、そうか、だから霊能者がもてはやされるのか。いや、ならなぜエンジニアがもてはやされぬのだ。解せぬ。

目に見えぬものも存在する。
幽霊粒子ニュートリノの存在証明はそれこそ雲を掴むよりも難しい。
知覚できない範囲での匂い。恐怖を感じたときに分泌されるホルモン。例えばそれはほんのわずかな分泌物であるが、そこに残存する。
重力異常地点とか、異常磁場、地下水脈により流れる水により発生する異常磁場とか、もしくは、そこからおきる低周波。どれも人間の認知知覚系に異常をもたらすのは十分だ。植物毒や目に見えぬ真菌系(カビ)の毒、そして菌毒、ウイルスなどの生物毒は枚挙にいとまがない。そして、完全無音や完全無菌それがまったくないことで生ずる弊害すらある。

古い伝統宗教もこれらをよく理解している。
幻覚系成分を含む植物を火にくべる護摩や、読経や真言(マントラ)でトランス状態に持っていくようなもの、火渡りや滝行のようなドーパミンや肉体刺激系など。など。

日本酒は麹菌ででんぷんを糖化したのち、その糖を酵母菌で発酵させ、さらにはそれを火入れするという世界的にも珍しいステップを踏むお酒である。たしかこの3つを1フローでやるのは日本酒だけだったとおもう。
この日本酒、麹菌の発見まで糖化は人間の唾液に含まれる酵素でおこなっていた。口噛み酒。

日本は醸造発酵食品が幾多幾百あり、目に見えない有用微生物群の扱いには成熟していると言っていい。 そして、それらの働きを妨げる生物学的汚濁、コンタミネーションも非常によく理解していた。

腐敗と醸造、腐敗と発酵、その違いをもたらすものが穢れで、穢れを祓うためには禊で綺麗にしなければならない。コンタミを避けなければならない現代のバイオハザードと基本的考え方は一緒である。作法とは手順の再現で、現象の再現の積み上げがエンジニアリングである。現象の理解とは別のものだ。

神社の参拝儀礼に手水場での手洗い口漱ぎがあるが、外(外界)から来たら、手洗いうがいをする文化はこうして二千年前から広められていた。なぜこれができたかと言えば、崇神天皇(第10代天皇)の頃に疫病が流行ったために造らせたからである。

センメルヴェイス・イグナーツが手洗いの重要さを産婦人科医に説いて回ったのはわずか100年程前であるが、パスツールがその理屈を発見するまえに、理屈はわからないけど何故か使いこなしていたのが伝統の収斂に耐えた作法なのである。理屈はわからないけど効果があるものはおまじないとして残ることがある。
お辞儀やブルカ(ヒジャブ)といった、ソーシャルディスタンシングの解決方法はもしかしたら既に世の中のどこかにあるのかもしれない。

ウイルスは紫外線で壊れる。新型コロナウイルスの場合は太陽光で1分半で不活化する。 Dead by Daylight、それは陽の光で死ぬである。

鶏鳴三声、かぁーーけぇーーーこぉーーーー

ところで、芋虫の種類がわからなくてモヤモヤしています。
あれ、なんの芋虫?


2020年の香港維護国家安全法


概況

2020年6月30日、北京で開催された全人代常務委員会で香港の国家安全法が可決され即時施行された。午後11時。翌7月1日は香港返還23周年であり、逃亡犯条例をめぐりかねてより続いていたデモでは、国家安全法違反の10人を含むおよそ370人が逮捕された。

香港維護国家安全法は、香港独立などの横断幕を掲げ抗議したものを国家転覆もしくは国家分裂をあおる反乱分子として、裁判所の礼状なしに家宅捜索などをおこなえるとした。最高刑は無期懲役となる。
香港特区政府が中国政府が作った「香港国家安全維持法」を有効に実行できない場合、中央政府より香港に国家安全維持公署が派遣されその任をおこなうとある。
同法の公布を受け、雨傘運動などで長らく活動してきた香港の民主派団体デモシストは解散をすることとなった。
西側の民主主義諸国はこれを非難し、制裁合戦がおきようとしている。

世界の反応

下記27ヶ国が共同声明を出し同法を非難した。

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ベリーズ、カナダ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、アイスランド、アイルランド、ドイツ、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マーシャル諸島、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パラオ、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、スイス、イギリス

米国は2018年に国連人権理事会から撤退しているため、共同声明には参加していないが個別に米国議会で非難決議をしている。上院では香港自治法案、下院では中国制裁法案を可決し中国共産党幹部のビザ発給停止などより実効性のある行動をとりだした。この制裁決議内容は苛烈なのでもっとしっかり調べなければならない。中国をとるかアメリカを取るかのオルタナティブな内容のように見受けられる。また今度調べてみる。

英国も肚をくくったようだ。香港市民に対して5年の英国海外市民旅券を290万人に対して付与すると公言し、ファイブ・アイズ(イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)と連携をはじめた。

同じような境遇にある台湾もかなり大掛かりな移民受け入れ策をとりはじめたようだ、移民の積極的受け入れを公言している。

日本は非難決議には参加せず各国が落胆という報道が6/7に共同通信から出ている。自民党も会派レベルの非難声明にとどまっているのも確かだ。非難共同声明には参加したが、政治的には与党内ですら拮抗状態にあるようだ。意外と野党は非難姿勢を明確だせているようだ。

香港国家安全法を支持した国もある。
第44回国連人権理事会ではキューバが53カ国を代表して支持声明を発表した。

中国、アンティグアバーブーダ、バーレーン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、カメルーン、中央アフリカ共和国、コモロ、コンゴブラザビル、キューバ、ジブチ、ドミニカ、エジプト、赤道ギニア、エリトリア、ガボン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、イラン、イラク、クウェート、ラオス、レバノン、レソト、モーリタニア、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ネパール、ニカラグア、ニジェール、北朝鮮、オマーン、パキスタン、パレスチナ、パプアニューギニア、サウジアラビア、シエラレオネ、ソマリア、南スーダン、スリランカランカ、スーダン、スリナム、シリア、タジキスタン、トーゴ、アラブ首長国連邦、ベネズエラ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ。

フィリピンや韓国、インドネシアなどどちらにも名前を載せない国もあるようだ。どちらのプランをみてもかなりバチバチで、最悪米国市場から締め出される可能性すらある。どちらからも目をつけられるわけにはいかないのだろう。

域外適用

同法でとくにやばいと言われているのは38条で他国の主権を侵害するいわゆる域外適用がなされた条文である。

 第三十八条 香港特別行政区の永住権を有しない者が、香港特別行政区の外で香港特別行政区が実施する本法に規定する罪を犯した場合、本法が適用される。

どこが、どうやばいかというと、たとえば日本から日本人が、香港の独立や一つの中国の原則に反するような抗議や活動をした場合、反乱分子としてこの法に触れるということになる。中国で逮捕状が出され、なにかの機会に中国に寄ったときに逮捕されるというような解釈が可能だ。無期懲役刑などをくらいたくなければ本件については一切口をつぐむ必要がある。ボクハチュウゴクのミカタだよ。

中国は下記の55ヶ国と犯罪人引渡し条約を結んでいる。

アフガニスタン、アルジェリア、アンゴラ、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、ブラジル、カンボジア、チリ、コンゴ共和国、キプロス、エクアドル、エチオピア、フランス、グレナダ、イタリア、インドネシア、イラン、カザフスタン、ケニア、キルギスタン、ラオス、リトアニア、レソト、モーリシャス、メキシコ、モンゴル、モロッコ、ナミビア、パナマ、パキスタン、ペルー、ポルトガル、フィリピン、ロシア、南アフリカ、韓国、ルーマニア、セネガル、スペイン、スリランカ、タジキスタン、タイ、チュニジア、トルコ、アラブ首長国連邦、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、ジンバブエ

香港についてあれこれ言ったせいで中国で逮捕状が出て、フランスだのスペイン、韓国に行った時に犯罪者として中国に引き渡しがなされる可能性があるということだ。結構この条文は各国で動揺をうんでおり、引き渡しを停止にする措置などが検討されているようだ。カナダなどは停止中だそうだが、これはファーウェイの件かもしれない。最新状況の整理が待たれる。

犯罪人引渡し条約、たしか日本が結んでいるのはわずか2ヶ国だったかな? 死刑と離婚時の子供の権利ハーグ条約あたりがネックになってた記憶。

維持ってどっからくるんじゃ

BBCやNHKはたまた在邦中国大使館なんかは、香港国家安全法のことを、国家安全維持法と「維持」をつけて呼称している。なんでだろう。BBCも英語だと「Hong Kong security law」なので、維持ってどっから来たんだ?
日本の治安維持法にからめた悪どいイメージ重ねたいのかなとか思ってたんだけど、どうも正式名称は、維護国家安全法というらしく維護が維持になったのかな?

どうでもいい香港談

まだ香港が中国に返還される前。ひとつ前のエントリーでも書いたけど、サマースクールはほとんどが香港から来ている子達だった。かなり裕福層だったハズで、たぶんそのまま英国人になったのかもしれない。
かなりやんちゃばかりする連中の中にひとり日本人だったので、困った記憶しかない。私が知ってる広東語はレイ・ハイ・ソッザイとファだ。どういう漢字を書くのかわからない。マンダリンだと華かな? どんな意味だろう。すっとぼけ。

香港の子か他のアジア人かを見分けるのに、ヒゲの産毛を見ればいいんだという意味のわからない発見をしたのを思い出す。男女問わずラーメンマンのヒゲの位置に産毛が生えてるんだけど、それ以降会ってきた中国の方たちには生えてるわけではないので、あの見分け方はなんだったんだろうと今更ながら思う。

そして、つい数日前に知ったのだけど、いとこが2年ぐらい香港にいっているよと聞いて愕然とした。よりによって一番激しい時期に。
理系の博士を持って某メーカー研究職だったはずなんだけども・・・。

日本も中国、米国にもどちらつかずでくねくねするのも、どこまでできるか。中国は大きくなりすぎてしまった。日本がかつてうけたABC包囲網のようだ。
世界ががらがらと音を立てて変わりつつある。

参考・引用

香港国家安全法全文和訳
xiang-dian.hatenablog.com/entry/nsl

英、香港市民の英市民権取得を確約 中英共同声明違反を非難
jp.reuters.com/article/hongkong-protests-britain-idJPKBN2426HY
香港では約300万人がBNO申請の資格を持っており、2月時点のBNO保有者数は34万9881人だった。

台湾、香港からの移住希望者に窓口設置 国家安全法施行受け
www.afpbb.com/articles/-/3291384

英、移住権拡大の方針発表 香港国家安全法の成立受け
www.afpbb.com/articles/-/3291433

「香港国家安全維持法」が施行 最高刑は無期懲役
www.bbc.com/japanese/53244732

Hong Kong security law: Life sentences for breaking China-imposed law
www.bbc.com/news/world-asia-china-53238004

香港住民に市民権、改めて表明 ジョンソン首相、英旅券保有者に 国家安全法
mainichi.jp/articles/20200702/k00/00m/030/035000c

香港国家安全維持法(全66条)、全訳しました 中国当局がなんでもできる体制ができた
news.yahoo.co.jp/articles/e3ecf09f2a859fe481e9c1c81709882c787a6cf5

香港 令状なしで捜索可能に 法律の運用決める委員会で決定
www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012500441000.html

香港 警察本部包囲“扇動”、周庭氏「起訴内容認める」
news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4021641.html

香港で治安法制への反対デモ、警察が催涙弾-元総督ら200人も抗議声明
香港のRTHKが伝えたところでは、23カ国の政治家や議員ら約200人が、国家安全法の導入計画を批判し、香港で抗議活動がエスカレートしかねないと警告する共同声明を出した。
www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-24/QATPLPDWRGG001

「香港国家安全法」を中国メディアは大絶賛! 国際社会の批判もどこ吹く風…
news.yahoo.co.jp/articles/8c1a4d36e03b899237b1c07a086d96738892bce0

香港国家安全法 外交でもテクノロジー戦争でも勝利を収める中国の習近平 西側はインド巻き込み結束を
news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200702-00186208/

香港地区国家安全維持法を53か国が支持
j.people.com.cn/n3/2020/0702/c94474-9706302.html

香港版「国安法」、50カ国以上が支持、日英など27カ国は中国に再検討求める―米華字メディア
news.so-net.ne.jp/article/detail/2003195/

The Axis of Shame, July 2020: The Countries That Supported China on Hong Kong
bitterwinter.org/the-axis-of-shame-july-2020-the-countries-that-supported-china-on-hong-kong/

The 53 countries supporting China’s crackdown on Hong Kong
www.axios.com/countries-supporting-china-hong-kong-law-0ec9bc6c-3aeb-4af0-8031-aa0f01a46a7c.html

Countries with which China maintains extradition treaties
中国と犯罪人引渡し条約を結んでいる55ヶ国
en.wikipedia.org/wiki/Extradition_law_in_China#Countries_with_which_China_maintains_extradition_treaties

「香港国家安全維持法」昨夜公布・即時施行 最高刑は無期懲役
www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012490501000.html

香港 逮捕者は約370人 国家安全維持法違反などの疑い
www3.nhk.or.jp/news/html/20200702/k10012492191000.html

周庭氏、運動継続を表明 「香港という家、全力で守る」
www.asahi.com/articles/ASN766HQ1N76UHMC004.html?ref=tw_asahi

香港 警察本部包囲“扇動”、周庭氏「起訴内容認める」
news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4021641.html

香港 令状なしで捜索可能に 法律の運用決める委員会で決定
www3.nhk.or.jp/news/html/20200707/k10012500441000.html

英国がファーウェイを5Gから排除へ。駐英中国大使は6日、露骨な脅しをかけてきた。
twitter.com/ReutersJapan/status/1280464076624232449

【一からわかる「香港国家安全維持法」】その5
twitter.com/ChnEmbassy_jp/status/1279758591327526914

「香港国家安全維持法」成立 あすの返還記念日に合わせ施行か 2020年6月30日 22時09分
www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012488881000.html

アメリカ原子力空母が南シナ海で軍事演習 中国を強くけん制か
www3.nhk.or.jp/news/html/20200704/k10012496541000.html

第38条は「「香港特別区の住民でない人でも、香港以外の場所で本法律の定めた犯罪を犯した場合、本法律の適用となる」
twitter.com/liyonyon/status/1278082013556162561

香港国家安全法全文和訳
xiang-dian.hatenablog.com/entry/nsl

中国はすでに39カ国と犯罪人引渡条約を締結 2014年11月27日11:30
39カ国と犯罪人引渡条約を締結 、 52カ国と刑事司法協力条約
j.people.com.cn/n/2014/1127/c94474-8814917.html

香港の民主派団体「デモシスト」解散を宣言。周庭さんや黄之鋒さんが離脱表明「また街頭で会いましょう」
www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5efae77ac5b6acab28464a20

日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も
news.yahoo.co.jp/articles/e1dfcf36d1bbd64a8d7ba8a47eb7cd7b35292aa1

米議会上院「香港自治法案」を可決
news.yahoo.co.jp/articles/4e017888e2c9aa012c378040efc80a2f83db3ce0

米下院、香港国家安全法巡る中国制裁法案を可決
news.yahoo.co.jp/articles/f4ce351a5508212bfecd4ed2897dab86e3867a3d

英首相、香港人のため移民規則変更を検討 国家安全法に反発
www.bbc.com/japanese/52902590

英、香港住民受け入れへ大幅緩和 290万人対象
www.jiji.com/jc/article?k=2020070101392&g=int

香港市民を救え!開き始めた台湾の保護傘計画
news.yahoo.co.jp/articles/78e9703f299bf79c06f193c66c612c4635930179

【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う
www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93861.php


チャールズ・ダーウィンさんち


ダーウィンはそんなこと言ってないだの、ダーウィンも喜んでいるだのなんかいろいろ。

ホームステイ先から通ってたサマースクールへの通学路にダーウィンの生家があった。 何十年ぶりかにストリートビューで探してみたら、だいぶ雰囲気は違うのだけど見つけることができた。 そうそうこの銅像。あー、あの学校いった先にある新聞紙でくるんだだけの揚げポテトまた食いたいなー・・・。


ダーウィンの家 http:// goo.gl/maps/XC5n9s4MhKVP3V5L9

生家を見てわかると思うけど、実家はざっつお金もち。
紅茶好きなら誰もが知っている、陶器ウェッジウッドの創設者ジョサイア・ウェッジウッドの孫娘がなんとダーウィンのお母ちゃん。父ちゃんはお医者で投資家。ちなみにじいちゃんも医者。

ダーウィンの家の、お向かいにはこじんまりとしたシュルーズベリー城(この一帯はセバン川の屈曲した部分にある天然の要塞なので、館に近い)があって、お金のなかったダーウィンはここの城主とかにお金だしてもらってアフリカに冒険にでて種の起源を書くに至ったんだったと・・・思うんだけど、ウィキペディアにはそんなこと書いてないので、はて、どこで聞きかじったんじゃったか、それとも思い違いかもしれないのぅ。叔父のウェッジウッドのとりなしでってしか書いてないのぅ。んー。勘違いかもしれないのぅ。

その頃のシュルーズベリー伯は・・・、第15代シュルーズベリー伯 チャールズ・タルボット(Charles Talbot)(1753–1827)か。んー。んーー。このひとがすげぇ名君だった可能性?

ここはロンドンからは遥か西方、ウェールズに接しているシュロップシャー州ってところ。1760年代から1830年代におきたイギリスの産業革命発祥の地と言われておる。シュルーズベリーっていう街はこのシュロップシャーの州都。日本でいうとイメージ的には加賀百万石かな。

産業革命のシンボルとなってる鉄の橋が隣町のさらに辺鄙なところにある。そこには日本の皇太子(令和の天皇陛下)参上な碑石があって、はへー、こんなところにまできておわしゃるんか。すごいのぅと思った数十年前。治水の研究をしてたんだっけ? たしか世界遺産に登録されたとかなので、 今は観光地とかになってたりするのかな?

さて、さて、まさにチャールズ・ロバート・ダーウィン(1809生 – 1882没)が育った頃は、まさにそんな時代。生まれ育った土地は治水技術の粋で囲われた天然要塞、立派で長い石橋。渓谷のほうまでいくとそこには世界初の鉄の橋がかかっている(1781年開通)。親の代から時代が変わる様を身近で感じたことだろう。だから帆船のビーグル号でアフリカにまでいき、そして、科学の礎なりえたのだとおもう。

母の実家がウェッジウッドだというのも大きいだろう。
ボーンチャイナの製法は秘され、不可能とされていた白磁や青磁をヨーロッパで再現した人だ。窯の温度を測る術を発明したと言われている。つまり再現性を持った、科学者としての才覚があった人だ。

白磁をつくるためには、窯の焼成温度を上げ、酸素を大量に送り込んで還元炎をつくれるようにならなければならない。これができるようになると鉄の溶融温度にまで達するので鉄が溶けたまま出てくる。粗鉄から鋼鉄を作れるようになり、一回一回炉を壊さずとも鉄の連続的生産が可能になるというわけだ。鋼鉄が大量に作れるようになることで、鋳造ができるようなるので、 構造体として鉄が使えるようになり、 鉄の橋や鉄道のレールがつくれるようになるわけだ。

ウェッジウッドの窯元は、スタッフォードシャーのストーク=オン=トレントだそうだ。となりの県なのかな? ウェッジウッドの窯元を見学しに行った記憶はあるのだけど、正直、場所とかはさっぱり覚えていないが、そんな遠いところではなかったはずなので、ダーウィンも何度もそれを見たんじゃなかろうか。

ワットが蒸気機関を発明したのちその特許が失効したのが1800年。1804年に蒸気機関車が走り、1807年には外輪型蒸気船の航行がおこなわれた。まさにそういう技術イノベーションが起きている時代だった。1830年代には鉄道ブームになっている。ダーウィンが冒険に出たのは1831年。ビーグル号は帆船だったが、蒸気船の初航行実験ですら30年まえの出来事となる。種の起源に思い至る慧眼があるのであれば、世界が近くなる予感は誰よりも肌身に感じたはずだ。

偉人の出現はぎゅっと固まってる傾向があるように感ずる。
慧眼をもち人を育て、また財や才を結ぶ何某かの賢者がいたんでしょうかね。
聖人は聖人をつくるみたいなことを中国古典でなんかあった気がするんだけど、韓非子が言った孔子が言った、四書五経で読んだみたいなことをいうと、怒りだす人がいるかもしれないので、飛影が言ってたとでもしておこうか。余計ややこしくなるか。こういうなにがしかのブレイクスルーというか、歴史の特異点に綺羅星のごとく偉人が群生する。なんか固まるよね。不思議。俺は、天候というか気候の束の間の安定による生産余剰が原因だろうとおもってるのだけど、どうなんだろうね。

さて、「最も強い者が生き延びるのではなく、最も賢い者が生き延びるのではない。唯一生き残ることができるのは変化できる者である」をダーウィンが言ったか言わないか論争にもどる。

この論旨は適者生存論と呼ばれるものだ。

進化論の中でもあったと思うんだけど、あくまでダーウィンは自然選択理論で名をはせた人。だが「進化」という言葉ですら『種の起源』において、第5版にまで存在しないそうだ。適者生存論も数版追わないとでてこない、後から改版でたされたものだ。

適者生存論はハーバート・スペンサー(1820生 – 1903没)が『生物学の原理(Principles of Biology)』(1864)の社会進化論で書いたこと。
このハーバート・スペンサーのお父ちゃんは、ダーウィンのおじいちゃん(エラズマス・ダーウィン 1731生 – 1802没)が作ったダービー哲学会(1783年創立)のメンバーだそうだ。ちなみに、ダービーっていうのは地名ね。瞬馬のことダービーっつったりするけど、こっちの地名というかダービー卿由来。ダービーシャーはシュロップシャーからみるとスタッフォードシャー挟んだ向かい側。埼玉群馬茨城ぐらいな感じ。 それこそ競走馬、サラブレッドは1791年まで遡って徹底した血統管理がおこなわれているけど、なんで血統管理をおこなうようになったのかは推して知るべし。 ちなみにこのおじいちゃんが進化という言葉を使いだしたそうだ。

彼らは同時代に活躍した人たちなので、進化とか適者生存が種の起源でも改訂版からいはってくる。ラマルクの用不用説、ダーウィンの自然選択説、ネオ・ダーウィニズム、ネオ・ラマルキズム。

この適者生存、スペンサーの社会進化論をダーウィンにおっかぶせた意図的誤用はアメリカあたりからはじまったらしい。ダーウィンが事実言ったか言わないかは、まあ、おいておくとして、世界的にも一般人が知っているのはダーウィンぐらいなのでダーウィンが言ったにおっつけちゃってるのはしょうがないんじゃないのとは思う。実際後版のほうには適者生存に似た論旨で改稿はされてるみたいだし。

ちなみにだが、このダーウィンとスペンサーをマッシュアップした優生学(1883年)をおこしたのがダーウィンの従兄弟でもあるのフランシス・ゴルトン(1822生 – 1911没) 『遺伝的天才』(1869年)。彼も種の起源に刺激をうけ、回帰や相関係数の概念の提唱、統計的手法をもちい家畜の品種改良などをおこなった。

で、このフランシス・ゴルトンの従兄弟の嫁の従兄弟が白衣の天使フローレンス・ナイチンゲール(1820生 – 1910没)で、ナイチンゲールがコルドンに相談したことで統計学、公衆衛生や看護教育に至るのである。

さて、「生き残ることが出来るのは変化できる者である」という言葉を誰が言ったかというささいなことが、深刻ぶってだれかの口を塞ごうとする理由を、これまでに出た単語で皆様はすでに気が付かいているかもしれない。

用不用説、自然選択説、進化論、優生学、統計学いずれも現代の科学の礎にはなくてはならないものだ。だが、かの偉人等が去ったあと、アドルフ・ヒトラー(1889生 – 1945没)が選民思想(ナチズム)の論拠として、人種主義、ファシズム、そして優生学をいいように使った。

なので優生学は、家畜や植物の品種改良など現在でも基礎になっているにもかかわらず、禁忌となってしまった。社会学、歴史としてのタブーとしての優生学と、実務としての統計、遺伝や形質発現が学問のミッシングリンクになってしまったのである。理系が算術で学ぶ遺伝統計学(優生学)と文系が歴史で学ぶ優生学に断絶がある。早い馬と早い馬。早い馬と遅い馬。遅い馬と遅い馬。掛け合わせるとどうなるか、競馬だと確率的にどうなるかわかるのに、人の肌の色や人種が絡むと超絶タブーになる。そして優性遺伝という言葉は、とうとう顕性遺伝、潜性遺伝という言葉におきかわることになった。

遺伝による形質伝達と、遺伝しない獲得形質の違いもわからず、統計による想定と自分の体験の区別もつかず、公衆衛生と俺は大丈夫だったの違いもわからない。人の免疫にも血液型のように型があったりする。血液型によってもコロナウイルスの感染確率は違うというような報告もあるが、全体でみれば統計的差異でしかなかったものは個体差にまでおとしたときには差別になりかねない。ナイチンゲールは統計的手法をつかって野戦病院が不衛生だと死亡率が高いとか、検死解剖をした医師がそのまま患者をみると死亡率があがるなどと証明をすることで、野戦病院の死亡率を下げた。今は統計情報は個人情報のため伏せられていて集計結果しか知ることができない。

科学と社会の断絶。これが、もしかしたら人々のコロナウイルスへの対策を半分ぐらいは阻害している要因かもしれない。科学と社会は200年経ってもつかず離れずだ。

種の起源

だが、誰も彼も「種の起源」は読んでいないのである。みたいな。古典で、時代のエポックになった名著は読んだほうがいい。とは言え、種の起源、子供の頃読んだとは思うんだけど、ちゃんとオリジナルを読んだかはちょっと自信がないのでさっき岩波文庫版のほうをぽちった。こんだけ書いて読んでないのかよ。みたいな。ごめんな。

アンリミテッドに入ってると無料らしいので、こっちを一応貼っておく。

参考・引用

Shrewsbury Castle
en.wikipedia.org/wiki/Shrewsbury_Castle

シュルーズベリー伯爵
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%BC%AF%E7%88%B5

酸化焼成と還元焼成の違いについて
www.city.toki.lg.jp/docs/hpg000003447.html

製 鉄 技 術 史 の た め の 基 礎 知 識
www.isc.meiji.ac.jp/~sano/htst/History_of_Technology/History_of_Iron/History_of_Iron_background01.html

蒸気機関
ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2

優生思想の論理と現代進化理論の(再)検討 -社会生物学は優生学か?
www.wrc.kyoto-u.ac.jp/kohshima/Study/abstract/oode99.html

アイアンブリッジ (橋)
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8_(%E6%A9%8B)

「ダーウィンはそんなこと言ってない」「優生学では」 自民党広報Twitterアカウントの憲法改正啓発マンガにツッコミ多数
news.nicovideo.jp/watch/nw7479896

ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer、1820年4月27日 – 1903年12月8日)
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC

Herbert Spencer
en.wikipedia.org/wiki/Herbert_Spencer

ラマルキズム
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A8%E4%B8%8D%E7%94%A8%E8%AA%AC

ダービー哲学会
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E5%93%B2%E5%AD%A6%E4%BC%9A

ラマルクの用不用説
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A8%E4%B8%8D%E7%94%A8%E8%AA%AC

「ダーウィンの進化論」に関して流布する言説についての声明
www.hbesj.org/wp/wp-content/uploads/2020/06/HBES-J_announcement_20200627.pdf

適者生存
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E8%80%85%E7%94%9F%E5%AD%98#:~:text=%E9%81%A9%E8%80%85%E7%94%9F%E5%AD%98%EF%BC%88%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%9B%E3%81%84,%E3%81%9F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%A6%82%E5%BF%B5%E3%80%82

フランシス・ゴルトン(生1822年-1911年没)
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3

ダーウィン進化論に生じる誤解
textview.jp/post/culture/21642