電気自動車と大局観


イギリスとフランスの政府は2040年までにガソリン車の新車の販売禁止を打ち出した。中国政府も同じような措置を検討しているそうだが、世耕経済産業大臣は「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」として、大局については先送りする方針をとった。なんというか、兵の練度は高く戦術はあるが戦略がないと敵対国から評されたかつての日本の軍部のようである。

 

経産相「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」
www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140721000.html

 

「いきなりスマートフォンにいけるわけでもない」と同じような経営判断が国レベルでなされている危機感。燃料自動車の部品点数は全部で10万点ほどある。これらを部品を大手メーカーに納入している零細業者も多い。

対して電気自動車の部品点数はわずか100点ほどしかないという(*1)。部品メーカー従属産業はその仕事を失うだろう。もし、電気自動車に世界がシフトするのであれば、そのトレンドを無視するのはとても危険なことである。既存の自動車メーカーはシャーシ屋さんになりさがる可能性がある。

すべての工業製品、ソフトウエア製品の部品は汎用モジュール化する方向にトレンドがあるのは明らかだが、それを無視して先送りするのはあぶねぇ話しだ。戦術どころか戦略も、ひょっとするとどうしたいのかというビジョンも怪しいんじゃねぇか。

 

自動車の歴史

  • 1769年 自動車 誕生
  • 1777年 電気自動車 誕生
  • 1886年 ガソリン自動車誕生
  • 1900年 ガソリン自動車の量産化(この頃は蒸気自動車が主流)
  • 1908年 T型フォード(自動車大衆化)

燃料自動車よりも電気自動車のほうが歴史があるんだね。

日本でみてみると人力車は都市圏では1926年頃、地方でも1935年頃から減少に転じたそうだ。紀元前からあった馬車を輸送市場から駆逐するのにガソリン自動車の登場から50年も必要としなかった。馬の寿命や、車夫の労働寿命を考えれば、衰退産業への新規流入が三世代続くこともないだろう。産業の置き換えに数十年も必要としなかったはずだ。

 

なぜ電気自動車か

ガソリンエンジンのエグゾーストノートが好きだという人は残るだろうし、現に石油発動機の愛好会のようなものもまだあるので、愛用する人は残り続けるだろう。

でも、これからが電気自動車なのは、自動運転などの電子制御が重要となり、それに必要なのがサーボーモーター(モーターの状態を検出でき制御できるモーター)だからだ。

駆動装置の総電気化には、バッテリーの蓄電技術だけでなく、ソフトウエア技術のブレイクスルーが必要なのだが、どちらも既に製品化される程度には練れてきている。そして、その技術は踏みあがりはパネェ勢いだ。

自動車より安全基準の厳格な飛行機で、アクチュエータが油圧式から電気式に切り替わりつつあるのは、なにも軽量化だけのためではない。燃料エンジンを電子制御しようとすると燃料注入量をコントロールするのは、アクセルを上手に踏めるロボットをつくるようなもので、昨今のソフトウエア技術を活かしきれないのである。燃焼度がどうなっているのかセンシングして、それを制御するなどせねばならず、複雑すぎるのだ。キープイットシンプル!

 

電気自動車の普及と予想

いま、日本の自動車台数、ハイブリット車台数、電気自動車台数をグラフにするとこんな感じ(*2)。電気自動車なんて雑魚もいいところ。

このうちEVだけ抜き出して、表示してみる。点線は近似式。

で、現在のEV車の販売台数推移の近似式を2040年まで伸展させてみる。

まあ、いまのペースなら2040年には110万台程度。結構のびる感じはするけれども、それでも市場の15%程度にしかならない。だが、近似式、現在の「y = 1113.4×2 – 4972.3x + 4204.5」これはあくまで電気自動車のラインナップがあまり揃っていない状態。なんのブレイクスルーも今後ないとした場合の伸展上だ。

 

だが、メーカーはそのような経営計画はしていない。

 

ルノー・日産、22年に完全自動運転/販売の3割 電動車に
www.nikkei.com/article/DGKKASDZ15I31_V10C17A9MM8000/

 

ルノー・日産、22年世界販売1400万台に 16年比4割増
www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HMM_V10C17A9000000/

 

ここから逆算すると、420万台。

日本の日産、三菱の3割というと、市場シェア14%の3割だから市場の4%ぐらい。24万台。

2022年に24台なら2040年に140万台ぐらいで、420万台ぐらいが流し込まれるなら2040年には3,000万台。
この数字だけ追えば「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」という、言説にはある程度説得力がある。

 

いずれにしろ、まだ自動運転も日本では試験走行しかなされておらず、電気自動車向けのインフラ整備もなされていないので、あと5年ぐらいでどの程度社会環境に変革があり、その時の販売台数がどうなっているのかで、将来どうなるのか予測できるだろう。

いずれにしろ、電気自動車化による部品点数の変化は日本のものづくり偏重政策に重大な外部環境変化であり、テスラモーターズの登場からだけみても、いきなり市場環境が激変するかもしれないから大局的にはどうすべぇぐらいの先見性は欲しい。燃料バイクと電動バイクのほうがシェアのリプレイスとしては先行していそうなので、時間があったら調べたいな。

 

トヨタはテスラに手を出そうとして袖にされて、東芝とかNECがある駅に求人投下しているみたいだけど、ちと日本の自動車産業は足が遅いかもしれないね。というか日本の電機メーカーはソフトウエアに対して感度がにぶすぎるので、もうどうしょうもないのかもしれないけど。

政治のほうも、いくら政治が技術に遅行するといっても、ちょっと、心配になるレベル。

自動運転とかソフトウエア制御による環境判断の未来がこないわけはないので、いからインフラはそれに沿わしてつくっておかないと、古臭い耐久消費財に金を払い続けることになるぞ。ネットや電気をつかえないビルをいまから設計するようなもんだよね。

 

ロジスティクスの変化

かつては、人の足の移動距離に応じて宿場が整備され、それから電車による流通が整備され、そして現代はトラック流通網になっている。道路網はそれに添って整備されてきた。トラックが自動追従型の自動運転になったら?生活道路に、アシスト付き車椅子とか、小型モビリティが混在しだしたら?
生活道路のうち、この道は、電動モビリティ優先とかそういう、街設計は必要だよね。

いきなりはこないけど、くる気配はもう数十年ゆっくり前進してんだから、ゆっくりでいいから準備しようぜ。鉄腕ダッシュでソーラーカーが日本一周したのいつだよ。ドローンが宅配してくれる宅配網とか整備計画ぐらいはしてほしいなぁ。

 

参考

(*1)
電気自動車により変化する産業構造
allabout.co.jp/gm/gc/423948/

 

自動車誕生から今日までの自動車史(前編)
gazoo.com/article/car_history/130530_1.html

 

(*2)
日本における電気自動車のシェア!

日本における電気自動車のシェア!

 


人工知能の騙りにいつまで気がつけるだろうか


5年ぐらい前に海外の論文でツイッターのつぶやきを分析したら株価予測に成功したというのがあった。投資家が投資判断に用いる景気動向指数だって、消費者の気分を反映している指標があるのでさもありなんである。

景気動向指数のうち景気動向より先行するとされる、消費者態度指数(内閣府経済社会総合研究所、消費動向調査)や、中小企業売上げ見通しDI(中小企業景況調査)なんかは、「景気どうよ?」ってアンケートを積み上げたにすぎない。

 

2016-06-10 18_21_51-Cortana

www.jfc.go.jp/n/findings/tyousa_sihanki.html
www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/chousahyou_sample2016.pdf

 

自分も日本語でもやってみようと、自分のフォロアーのつぶやきをDBにぶっこんで形態素解析に食わせて、感情解析API通したりなんだりして眺めてみたことがある。結果、感情解析エンジンのクオリティの問題か、自分のフォローしている人たちの問題か、投資に使えるほどまでに強そうな相関はみえなかった。
しかし、助詞(~が、~の、~を)の登場頻度がましたときは株価インデックスのボラティリティ(振幅)がでけぇなーと、グラフをみて漠然と感じた。ニュースや企業広報などが助詞をきちんとつかった比較的フォーマルなリツイートが増えるためかしらん?などと思ったもんだ。検証はまったくしてない。この程度のシグナルなら企業現在価値計算したりファンダメンタルからやったほうがよさそうだな、ってぐらいだし、自分は学者ではないので、ふーんって眺めて終わるのである。ま、景気動向指標を投資判断でどこまで重要視するのかいなっておはなし。

 

人工無能

さて、最近の人工知能はツイッターでつぶやくそうな。
マイクロソフトが提供している人工知能女子高生AI日本語版「りんな」や、英語圏で稼働してたらヒットラーを賛否して停止させられた「tay」、中国語圏で稼働している「小冰(Xiaoice)」、みな饒舌だ。
これらは人工知能というよりは人工無能。おっさんたちにはチャットで動いてたBotというと懐かしい。
チャットというより当時はIRCが主戦場で、今はslackに居座っているエージェントBotだろうか。人工無能には今更感があって90年代初頭のパソコン通信時代のOLT(On Line Talk)時代とかから人工無能はあった。
相手が人間ですらないという可能性に思いもよらず、機械相手にチャットしてその反応に怒ったり悲しんだりするものがいたほどだ。(当時のBotは泥酔したよっぱらい並)
チューリングテストは、人間の判定者が言語での会話を行い、相手が人間か機械かを判定するテストであるが、そもそもテストであるとも知らされていない状況下においては、かなりの確率で人間を騙せるのである。有料出合い系サイトで女性と会話しているつもりだったら人口無能だったなんてのはよくある話しだ。(逆にそうじゃないことがないんじゃね?)

そして、テストとわかっている状況下でも人間は機械と人間を区別できなくなった。

 

チューリングテスト
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88
2014年6月7日、ロンドンのテストに「13歳の少年」の設定で参加したロシアのスーパーコンピューターが、30%以上の確率で審査員らに人間と間違われて史上初めての「合格者」となった

 

文章解釈の精度

人工無能が会話を成立させるためには発言するだけじゃなく、相手が何を言ったかを解釈する必要がある。
こちらの精度もあがっている。
人工知能を東京大学に合格させようというプロジェクトで、2015年の「東ロボくん」の全国模試の偏差値は57.8だった。記憶力が人間とは比べ物にならないのだからあたりまえだろうと思うなかれ、「東ロボくん」は問題文という自然言語で書かれた問題の「文意」を読み取る力があることを意味している。(むしろそこがネック)

求められた問に正答を返せる能力が全国の受験生の上位25%相当に入るようになった。
なにが求められているのかが判断できるようになった。
つまり、そういうことだ。

 

長文作文

チャットのような短い文だけではなく、長文も書けるようになってきている。
星新一賞で星新一プロジェクトによりつくられたAIが作成した小説が一次審査を突破した。
いくつか作品を読んでみたが立派なものである。(オチの数列がわからないので誰かおしえて)

www.fun.ac.jp/~kimagure_ai/

 
英語圏では新聞やニュースサイトにおける、プロスポーツの結果や株式市場情報など、比較的定型文で書けるものについては既に自動作文によってなされるようになってきている。

さらには、読む読者の住所情報に応じて長文のAI作文がなされるまでになってきたそうだ。
business.newsln.jp/news/201511080445270000.html

 
すこし余談だが、「迷惑メール」があんなアホみたいな文章なのにはわけがあるそうな。本当はもっと巧妙な文章作成できるのだが、しかし、トンチンカンなタイトルや本文にすることで、「正常な判断をできる人間」をふるい落としている。
多くの人が騙されるようなメールを書いてしまうと、「まともな人」から問い合わが来てしまって、そこから通報されたり、嘘だと見抜かれ逮捕される可能性があがってしまうので、彼らの詐欺行為の障害になる。だから、程度の低いメールで騙されれる「間抜けな」な人を探すことに最適化された文章が作成されている。こんな馬鹿みたいな内容を羅列してなにがしたいんだと思うかもしれないが、馬鹿をさがしているのだからそれでいいのだ。なんとも恐ろしい。
逆に標的攻撃型やフィッシングはより巧妙に騙す方向に進化している。なんとも恐ろしい。

 

嘘をつくAI

1960年代ダートマス会議で人工知能についての話し合われた第一次人工知能ブームの時代にELIZA(イライザ)と呼ばれる人工無能が誕生した。iPhoneを持っている人はsiriに「イライザって誰ですか」聞いてみると、感慨深い答えが返ってくるはずだ。

現代になってELIZAの後輩たちは自然言語を聞き取り、文章を読み取り、そして、文章を書き出し、そして発話できるようになるまでに進化した。(ディクテーションや発話については、またこれだけで一大テーマなので別の回に書く)

 

人工知能が人間の意図にしたがって人間を騙るだけでなく、やがて自らの判断で嘘をつけるようになる時代がまもなくくるだろう。

 

囲碁で人間の最高峰に勝ったAIは次はポーカーに歩をすすめている。

ポーカーのなかでも「無制限テキサスホールデム」は掛け金を青天井にあげて相手にハッタリをかますこと、またそれを見抜くことが重要な競技だ。囲碁や将棋のような「二人零和有限確定完全情報ゲーム」から、不完全情報分野に踏み出す。ここでは嘘をつくことが重要になる。

 

汝は人工知能なりや?

 

人工知能の騙りに、人間が気がつけなくなる時代はまもなくだ。

 

参考

Googleは米国時間5月12日、「TensorFlow」で実装されたオープンソースの同社自然言語フレームワーク「SyntaxNet」をリリースした。
googleresearch.blogspot.jp/2016/05/announcing-syntaxnet-worlds-most.html
github.com/tensorflow/models/tree/master/syntaxnet
4.bp.blogspot.com/-1Ntx47T1WvU/VzTF2HgbqrI/AAAAAAAAA_w/UWofRQPhqU0ITD5HPQmEVCrwsEroCN8PQCLcB/s640/long.png
「東ロボくん」偏差値上昇57.8 東大目指す人工知能
山崎啓介2015年11月14日22時56分
全大学の6割にあたる474大学の1094学部で合格の可能性が80%以上と診断される「優等生」に成長した。
2014年の偏差値は47・3
2015年の偏差値は57・8
www.asahi.com/articles/ASHCG5F03HCGULBJ00D.html
囲碁でだめなら、お次はポーカーだ──人類に残された「AIとのゲーム」
wired.jp/2016/03/21/texas-holdem/
人狼知能プロジェクト
aiwolf.org/


17歳が不正プログラムをつくったとして逮捕された


佐賀市の無職の少年(17)が有料デジタル放送をB-CASカードなしで見れるプログラムを公開したとして不正競争防止法違反容疑で逮捕された。不正アクセス禁止法案とか著作権上の複製権や公衆送信権の侵害あたりをやらかしたのかと思ってニュースを読んだら、不正競争防止法違反らしい。

 
テレビまわりほとんど興味がないのでB-CASカードとかがよくわからないのだけど、B-CASカードそのものが電波法が定める「公平で効率的な電波帯域の利用」という公益性に反してんじゃねぇかな。不正競争防止法違反というか、独占禁止法こそ仕事しろ案件。

 

イノベーションには2つの方向がある。
「なぜなぜ」を突き詰めて深掘りしていく下位概念。
「そもそも」をたどる上位概念。

 
<テレビを見るのに「B-CASカード」が必要なのは不便だ> という課題を、17歳の子は上位概念で辿って、そもそもなぜ「B-CASカード」が必要なのだろうか?から解決した。解決してしまった。破壊的イノベーションを実行したわけだ。破壊的イノベーションは破壊される側にいる人たち(だいたいが既に利権者側なので、地位と権力がある)はそれを嫌がる。

 

 

実にもったいない。

 
この才能をこちらにしかのばせなかった環境も、彼自身も、それを逮捕という形でしか終わらせられなかった公権力側も。そして、恐らく逮捕されて有罪になった後は、粗暴犯やらと同じ更生プログラムに入って再教育がされるのだろうが、これも実にもったいない未来である。

 

つくりあげたものは褒められたものではなかったかもしれないが、彼は技術的課題をハックして、しかもそれを公衆に提供した利他的な振る舞いができる子なわけだ。それが単純な承認欲求からくるものだとしても、彼は問題解決にまで至っている。ここにまで到れる人というのはやはり希少だ。その才をこんな無駄な課題(人間が人間のためにつくったただの障害)に費やされたことも、いろいろもったいない。

 

もっと情熱を向けられる別の課題はなかったものなのか。更生プログラムを選べるなら、彼には多くのなんらかの課題を抱えてる人たちに触れさせるボランティア罰がよいように思う。(日本にそのような制度はないが・・・。)そのほうが未来のためになる。

 

 捜査関係者は「ネット上で入手できる不正プログラムは、売買される不正カードに比べて拡散の可能性が高く、無料視聴が横行する恐れがある」と警戒している。

電波利権は利権の中でも強烈に強い利権なので、禁忌に触れちゃった感じか。
このコメントから察するに、サーバー問い合わせのないただのデジットである可能性が高い。高校生程度の子が公開されている仕様から辿れるレベルの。無駄で、無意味な障壁でしかないように思う。ハリボテを暴いてしまった子供を掴まえて「不正競争防止法違反だ!」と喚くのは実に大人気ない。「よく捕まえた!」とその仕事ぶり評価する人は現代では確実に居るだろうが、その評価が30年後まで不変であるとは思ってはいけない。

 

スティーブ・ジョブズは電話をタダで掛けられるハックツールでビジネスをスタートした。ビル・ゲイツやその他多くの名だたる経営者だって相当やらかしている。それを見出して導く環境があればこその今だ。

 

もったいな、とただ嘆息するのみである。

 

 

<不正プログラム>TV無料視聴をネット公開、少年逮捕
毎日新聞 6月8日(水)11時40分配信
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000036-mai-soci

佐賀市の無職の少年(17)を不正競争防止法違反容疑で逮捕

「B-CASカード」がなくても有料デジタル放送が無料で視聴できるプログラムを独自に開発し、自身のホームページ上に無料で公開して不特定多数の人が閲覧、入手できる状態にした

「ワークキー」と呼ばれる暗号をパソコンに入力することで放送を視聴できるようになる

逮捕前の任意の調べには「カードが邪魔だった。無料視聴したかった」と容疑を認めていたという。

 

B-CAS使わず有料テレビ計70chを無料視聴 ネットで「不正プログラム」公開 17歳無職少年逮捕 警視庁
www.sankei.com/affairs/news/160608/afr1606080009-n1.html
不正視聴プログラムを公開=全国初、容疑で少年逮捕-警視庁など
www.jiji.com/jc/article?k=2016060800233&g=soc

カード使わず、新たな手口 無料視聴プログラム公開容疑
www.asahi.com/articles/ASJ68319LJ68UTIL004.html