商店街の中からのうめき


社会には商店街を救う余裕はもはや無いそうだ。世間の商店街はシャッター化が進み、ゴーストと化している。うちの斜め前のお店は30年まえにしまったままだし隣は40年まえにしまったままだ。

わたしがいるのは東京都の三鷹市なのでイオンモールとかの大型店出店が理由でゴースト化したわけではなくて実はこれにはこれで理由がある。ここにはここの問題があるのだ。商店街の問題など普通に生活をしているぶんには知ることがないかもしれないが、知っておくべき問題。日本が抱える問題の多くが凝縮されたのが商店街なのである。

 

今期、商店街の総務部長をやってくれと言われている。拒否する選択肢はどうもなさそうだ。突然の物故者や体調不調などがあり副会長が2名がいなくなってしまった。前任者の副会長は総務部長も兼任していた。引退を決めていた70代の会長が留任され、残った役員であれこれいくつもさらに役を兼任することになった。

お店を始めたのはおおよそ10年前。数年やったところで商店街の役員になることになった。自分が商店街の役員になった経緯はこうだ。総会とかめんどくさいので委任状だして欠席していたら「役員になったからよろしくね」とにこにこしながら会長がやってきた。委任状の恐ろしさと商店街の人手不足の深刻さはこのエピソードでも十分だろう。

かつて商店も多く賑があった時期に制定された地区割りがあるのだが6地区などはとうとう1店舗だけになってしまった。体制もくそもありゃしない。

 

商店街ってなんだ?

ここには町内会に該当する組織がない。厳密には、町会と商店街が重複する地域もあるのだが、商店があるところには歴史的に商店街が組織され商店街が町内会や消防団などに相当する機能も担ってきた。うちの市には30をも超す商店街がある。商店街というのはそれほどの数がある。名前だけのところから、事業をおこなっているところ、その実体は様々だ。

 

うちは駅からすこし距離があるので二次商圏になるのだが、だが、過疎地と違って人が多くすむ人口過密地域である。マンションが多く、この狭い地域に数千人、ヘタしたら1万を超す人間が住んでいる。その地域をわずか数十店もないようなお店が支えるのが都市部の商店街の構造である。

支えるとはどういうことか。商店街というのはその地域ローカルインフラの運用維持をおこなっている。

具体例をあげる。一番わかりやすいのは街路灯だ。

夜、他より明るい安全な道を選んで帰ろうするならば、ふと街路灯を見上げてみて欲しい。商店街などの名前がはいっていたらそれは商店街が設置しているものだ。そんな街路灯への毎年の電気代は100万円を超す。助成金分を除いて商店街の負担分がだ。これをわずか数十店舗がわけあって負担する。街路灯が老朽化すれば、交換もしなければいけない。電気代が安くなるのでLED化したい。支柱が古くなっているので立て直したい。でも、数千万かかる・・・・・・。そのために積み立てる。街路灯が暗いだの、切れているなどの文句を住民は市役所に文句を言う。市役所から商店街に連絡がくる。

 

いま、うちの商店街では防犯カメラの設置が議題にあがっている。駅前7つの商店街では防犯カメラの設置が既に完了した。先だって、井の頭と吉祥寺で若い女性が凶刃に倒れるという残忍な事件が立て続けに2件あった。不幸な事件ではあったが両件とも犯人は早い段階で特定され検挙されている。というのも、犯人が逃走経路として選んだ道には商店街が設置した防犯カメラが設置されていたからである。高精度な防犯カメラは逃走する犯人をしっかり捉えていた。防犯カメラにも補助金は出る。しかし、商店街の負担が0になるわけでもなし、それらを維持負担運用をしなければいけないのは結局は商店街である。商店が減って、人の目が減った以上、カメラの抑止力に期待をせざるを得ない。

 

商店が会費で負担する形態でなく住民から町内会費を集めている地域のほうが潤沢な資金があったりする、住民会費をとってこなかったのはただのうちの会の不作為であるとおもうのだが、まあこれにはこれで書ききれない個別の経緯があるのでこんかいはもごもごもご・・・・・・

 

 

商店街の財政と自治体の財政

商店街というと、補助金かなにかで生きながらえているもの指摘する声もある。確かに会の運営のために助成金も必要ではあるが、自走がないところに助勢のしようもあるまい。自助があったうえでの公助だ。

 

さらに、ちとモノ申しておかなきゃいけないのは、三鷹市は地方交付税不交付団体だ。東京都も不交付団体だ。地方交付税をもらっていない自主財源で運営されている。不交付団体は昨年度で全国にわずか48市町村しかなく、都道府県単位では東京都しかない。48市町村のほとんどが原発関係だと知ると暗澹たる気持ちになるだろう。つか、暗澹たる気持ちにならなければいけない。

 

健全な財政比率を保持するよりも、支出を増やして不健全化したほうが使える予算が多くなる。そんな体制を知ってや知らずや是とするところに、商店街なんて助成金でなりたってんでしょと言う指摘はしちゃなるめぇよと思うのである。商店街以前の問題だ。

 

マンションなどの管理費においても住民税などで税金を自治体に払っているのだから、支払いの必要はないものとする判断をされる人もいるなかで町内会費、ましてや商店街費はさらに個別に物議をうむ。商店ですら加盟してくれず会費を払ってくれないお店も多い中でマンション組合などはさらに扱いが難しい。しかし、ほとんどの自治体が国などからの支援が必要なように、その税金じゃその地域インフラは支えきれていないのだ。
「商店街に入ってね」と未加盟店に行くと、「何かいいことあるの?」という。いいことどころか、何かあるたんびにお金取られるし、仕事ふられるし散々だよねなどと正直に言うとなかなか入ってもらえない・・・。未加盟で済むなら逃げ切りたいという気持ちもよくわかる。俺も気持ち逃げ切りたい。

 

その街が他とくらべて住みやすくなるのは、なにかだれかしらの働きによるものである。それはもしかしたら、周りの人が支えているものかもしれないし公債などという形で未来の自分や子どもたちに負担をもちまわしているだけなのかもしれない。
25年度の国の税収は43兆円だが、国債の利払費は9.9兆円にのぼる。金利を1.2%におさえてこれだ。金利があがれば利払だけで税収を超えるだろう。国という大きなグランドデザインがそうなっているなかで、挟持をもって、支えられる側から負担をする側にまわるのは大変な話しだ。フリーライドしたほうが、合理性が高いと判断されるのもやむない話しだろう。
しかしフリーライダーばかりになると支えているほうが馬鹿らしくなってコミュニティがスラム化する。
お祭りで子どもたちに配るお菓子の購入額が増えるいっぽうなのに、集まる協賛金は下がる一方だ。
このままでは子どもたちが反乱をおこしかねない。
というかおこしてもいいと思う。

 

ちょい真面目な分析

すこし経営学の話しなるが、通常6つのステークホルダーとして分類されるなかに地域コミュニティというものがある。

www.mizuho-fg.co.jp/csr/communication/mizuho/images/index_01.gif
図:みずほ銀から引用
www.mizuho-fg.co.jp/csr/communication/mizuho/index.html
かつて、商店と地域住民は互いに密接な利害関係者だった。商店が地域の安心や安全をつくりだして、住民はその付加価値が高くなった地域に住まうことで、よりよい住環境をつくりだす。互いにそれなりの利害連携があった。

 
規模の経済により、大規模資本のほうが競争優位となる。量販品、規格品のほうが製造コスト、調達で優位を獲得し、資本の優位性が確保できない小規模小売店は絶滅の危機に瀕する。郊外店型の大規模店舗などは典型だ。なにもこれは商店街などのオールドエコノミーだけの話ではなく、すべての産業に影響する。
そこで、この6つのステークホルダーに分類されてきたものの中で資本調達に関する、株主、投資家や銀行が重要視され、購入者、従業員がそれらを支える付随物としての扱いになった。さらに対極にある地域社会や、仕入先などは連携度が薄くなったどころか競争障害でしかなくなる。近代的な経営戦略上それらは障壁として分類される。
労働者は組合をつくり脅威になり、購入者も商品を選択することで脅威になる。地域コミュティのようなふんわりしたものが企業活動における脅威になることはほとんどなかった。

 
農耕的に耕すのではなく狩猟のごとく、育ったところを狙って収穫するプレデトリー(predatory:肉食獣的な)な振る舞いのほうが、短い商売サイクルで資本を多く回転させることを目標とするならば、回転効率が優れている。ロングタームは無視して、ダメになったら他に移ればよい。仕入先も叩くだけ叩いて旨みがなくなったら他と替えればよい。

 

クラレンス・ソーンダースが商品を棚に陳列したスーパーマーケットを発明し、ジェフ・ベゾスがそれをネットワーク上に移動したAmazonをつくった。この流れが変わることはないだろう。つまり、旧来型の商店はいずれときをまたず絶滅をする。そこから組織される商店街も絶滅するだろう。大きくは、この流れはかわることは無い。
しかし、肉食獣しかいなくなった生態系は滅びるしかないように。逆説的ではあるが社会が絶滅をしないのであれば旧来の商店街的な機能を担うなんらかのものはリバランスの中で生まれてくるはずである。無用の用なのか、なんと呼ぶべきものなのかはしらないけれど、それがないと社会が回らなくなるからだ。もちろん回らなくなって全停止することもありうる。

 

そのなんらかの仕組みは商店街と呼ぶものではまったくないかもしれないが、できれば全国デトロイト化するまえになんとかそこまでたどり着きたいものですな。
ま、でも全国的に恵まれてるであろううちの商店街ですらこのざまぞんなので、なんとかしたいなーとふわっと思っているわけです。ここらへんの問題は、教育やら就労やら科学などのような長期視点の欠落という意味では根幹は一緒であるので、なんかの拍子に一気に進むのかもしれませんね。か、もっとデトロイト化(クランチ)が進んでからの話しなのかもしれません。

 

あ、なんか都市部の商店がなんでシャッターしめたままなのかとかも書こうとおもったんだけど、長くなっちゃったからもごもごしておこう。もごもご。

 

 

ほんじゃーね!
他、参考
平成25年不交付団体
www.si-gichokai.jp/official/blog/global/docs/hukouhu253.pdf
25年度 税収43兆、国債の利払費9.9兆 金利を1.2%
www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/005.htm
商店街を救う余裕はもはや無い。イオンと共生する社会を目指すべきだ
www.open.sh/entry/20140429/1398713910

 


おれてきSTAP細胞4月まとめ


笹井氏の会見を見て、個人的には謎に思っていたところがいろいろ回答されてて結構すっきりした。例え寄せ木のいくつかのブロックが抜けても論文のほうが筋がとおってると思っていたのだが、やっぱり与太より、数段しくりくる。確度も高い。
でも、冒頭のエクスキューズの多さをみて大人だなーと思った。
ま、そんなわけでみなさん飽きてるとおもうけど、非科学的にまとめてみた。

 

STAP現象
├現象はよくわかんないから発表者に注目
│  └小保方
│    ├割烹着→正直怖かったですは正直な感想
│    ├私大理系だから→学閥原理主義
│    ├AO入試→ペーパーテスト至上主義
│    ├リケジョお姫様扱い←嫉み
│    ├若くして偉業←妬み
│    ├女性の活躍→ジェンダー問題
│    ├謝罪会見
│    │├こりゃまずい←急性ストレス障害出てます
│    │├私は信じるよ→同情的
│    │├許した→上から目線
│    │├許せない→女の涙にトラウマ派
│    │└許されない→地獄の業火に焼かれるべきものである
│    ├不適切な関係が→ゲスリング部
│    └守護霊!→宗教
│
├現象に注目
│  ├万能性獲得がすごい
│  │  ├iPSとかとの比較←行き過ぎた感
│  │  └再生医療分野→お金の匂い
│  ├追実験←いきなりヒト細胞をやってる奴らが居る…
│  ├詳細なプロトコールなど→今回は騒動に巻き込まれたせいで科学的な部分が停滞
│  └細胞外刺激による惹起がすごい→専門家たちは冷静だが混乱中
│      ├ストレスによるエピジェネティクス的な変質なのか?←素直な疑問
│      ├未解明の幹細胞のセレクションなんじゃないか→Muse細胞などのスクリーニング?
│      └さらに未知の何か←もうお手上げ
│
├論文に注目
│  ├問題点が指摘される
│  │  ├博士論文が発掘される←どう考えても黒歴史
│  │  │  ├研究室の卒業生まで炎上←流れ弾全弾被弾
│  │  │  └日本の博士量産問題→あまり議論されず
│  │  ├取り間違えだ→本人談
│  │  ├データを纏めたり体系だてたりが苦手なヒトだ→愚かさに理由はない
│  │  ├捏造だ
│  │  │  ├小保方プロデュースだ→佐村河内派
│  │  │  ├裏幕がいるに違いない→2時間ドラマ派
│  │  │  ├証拠を出すんだ→刑事ドラマ派
│  │  │  ├奴が犯人だ→頭脳はほげほげで体は子供
│  │  │  └実験が不正
│  │  │    ├ES細胞/TS細胞他の幹細胞とすり替え混同があったのでは←笹井氏による反論
│  │  │    ├実験すらしてないのでは→空想実験ノート
│  │  │    │├実験ノート数冊って←君仕事で最近何冊ノート書いた?
│  │  │    │└成功200回ありえない!←生命化学の実験したことねぇだろ…
│  │  │    ├死滅細胞による多能性マーカーの自家蛍光←笹井氏による反論
│  │  │    ├偽陽性で説明がつく←なにそれ妖精?
│  │  │    └データをいじくったのでは←その後のそれを証明するための実験はまるっとできないね
│  │  │  
│  │  └取り下げる?
│  │    ├著者達→今の騒ぎがからは開放されるかもね?
│  │    ├小保方、バカンティ→諸々の権利を失う
│  │    ├追実験をする科学者→追実験をする論拠や予算を失う
│  │    ├ライバル→発見者になれるチャンス
│  │    ├医療・創薬→理論環境の変化により発生しうる経営上の問題を先送りできる
│  │    └Nature誌→論文を重要な発見として一般公開に指定したまま
│  │
│  ├ネットの纏めなどでみた→専門外のヒトの大量流入
│  └論文上の不備は看過できない→専門外だけど科学者←まっとうな反応だけれども集まりすぎ
│
└組織に注目
  ├理研
  │  ├理研コンツェルン←GHQにより解体された財閥
  │  ├わかめスープ←理研ビタミン
  │  └理研の人たちが理研”筑波”ですとかいうのをみた
  │
  ├総合科学技術会議/特定国立研究開発法人
  │  ├スター研究者→日本も研究者を世界標準の待遇をできるようにしよう←頓挫
  │  ├若手研究者育成問題→ほとんどが死ぬようなストレスを与えて生き残ったやつが万能社員だ←ブラック
  │  └税金の無駄ぁー←ロングタームを公助しなかったらなんのための徴税か
  └メディア
    ├報道の質→びっくりするレベル
    ├記者会見などでの質問の質→うわーww
    └有名ブロガーによるありやなしや論→結局ただの悪口、ひどいなー、ひどいなー

個人的にはその後の関連実験がどのように分担されていたのかがわかっただけで、確度は数段あがる。
世間の考えているSTAP細胞というものと、発表者達が伝えたかったSTAP現象というものに、相当の齟齬があったのは確かだが、やはり、この細胞外の刺激によるリプログラミングを考えた時に、刺激惹起というのは確かに有力な仮説であると思う。

 

仮説に戻ってしまったのは残念だが、それはいたしかたのないことだ。だが、Natureが取り下げておらず、本人も取り下げるつもりがないものに対して、取り下げろと世論を形成し圧力をかけるのは科学ではなく政治的な振る舞いであるように感ずる。

もし、反証する仮説やデータがあるのであれば反論の論文を書けばよいのであって、無いことを証明する悪魔の証明とは根本的に次元が異なる。ES細胞との混入であるとするならば、混入したときにどのような振る舞いをするかは実験が可能である。またMuse細胞なのではないかという仮説があるならば、それも実験をすることは可能だ。それらの体系建てた論立ても実験もされていない論については、結論は待ちたい。

細胞外刺激によって、遺伝子に変質変様がおきているのかいないのか、それとも、もともと確率的に混在しているものが効率よくセレクションするための手段として細胞外刺激があるのかというのは、現段階では判断を得ない。多能性マーカーが蛍光することを考えると一言でスクリーニングといってしまうのはどうかなと思うが、生後1週間のマウスを使わないと再現できないとというコツが、…気になる。
ストレスと表現されているが、DNAメチル化されたフタがぶち壊わされるなんらかの機構があるか、もしくは、例えば成長ホルモンや酵素などの少量の何かが固定していた分化のためのフタの材料とか器具を細胞外からの環境ストレスで壊わせるからなのか。ぶっちゃけさっぱりわからない。でも、多能性マーカーとかLiveビューイングとか、そういう観測技術が向上したおかげで、いままで未知であったここにも何かが見つかる可能性もあるし、そこに着想し根気よく実験をされた小保方氏には敬意を評したい。

 

論文には何箇所かケチがついたようだけれども、あくまで個人の感想だが、それでも凄いなと思う。そして論文もケチがついているところ以外にも可能性を潰すために実にいろいろな実験をこの仮説立証のためにしている。

 

だけど、本人会見を見る限り、どう見ても心療内科医の出番だと思うので、ちょっとゴシップを振り払うために、海外とかで静養が必要なんじゃないかなと思いました。研究者が研究以外のところで、足元すくわれる現実とか不幸でしかないよね。

 

STAP細胞論文に関する笹井芳樹副センター長の会見時の資料について
www.riken.jp/pr/topics/2014/20140416_1/

 


シヴィライゼーションをやりこんでみた


リアルタイムストラテジーが好きだ。あれこれやってきたが、中でもCivは面白い。

シナリオモード 「ルネサンス時代へ」でイギリスでエルサレムを落すというクエストをようやくクリアしたんだけど、マップ広すぎてMacAirではCPUの限界に挑んでいるのかという感じで、映像切って画像を簡易モードにしてもファンは周りっぱなし。CPUのターン終了に数分かかる感じで、時間がかかってしょうがない。ローマの没落とかルネサンス時代のクエストは地図が広すぎて泣きそう。

 

なんせマップと都市数がこんな感じ。

スクリーンショット 2014-04-11 22.09.12

右下のミニマップに注目。黄色いドットが全部都市です。

 

最初都市を廃棄してたのだけど、戦線が広すぎて完全に前線封鎖するほどの兵力を保持できないのでいつのまにか開拓者がはいりこんできて都市をつくられてしまい都市数をこんな状態で維持しなくてはいけないことになる。
初期は数多ある都市国家と同盟国になるべくがんばってたんだけど、不幸ハンデがなく資金と成長が有利なCPUにすぐ買収されて敵対国になちゃうので、中盤では弓を育てる的にしたあと、結局すべて傀儡化した。
イギリスの弓は初期で+1遠隔がついてるし、海上ユニットのフリーゲート相当はめっちゃつよいので、いろんなシナリオで創造主やら不死者やらをクリアしてれば皇帝クラスの戦闘でCPUに遅れをとることはないんだけど、敵対国がおおすぎてマップが広く目的地が一番はじっこなのはもう時間かけてやるよりない。

 

終盤は市民不安700突破で反乱おきまくるんだけど、さすがにこれだけの都市数を戦闘で奪取すると精鋭部隊は遠隔ダブルアタックどころか、全部持ちになっているのでもうなんか、頭脳戦というよりは根性論。
MOD系とか、マーク付きの実績は解除できていないが、とれるような実績はあらかたとった。あとはどうかしないと取れないような実績ばかりのこった。

スクリーンショット 2014-04-11 22.00.41

steamcommunity.com/id/kuippa/stats/appid/8930/achievements

 

ローマとか、ルネッサンスの廃モードとか。
どうやったらとれるのがわからないのは、仲良し家族とかスパイとか、共謀とかはやりかたもわからない。
人気ゲームらしいけれどマルチ・プレイヤーをやってる人がみあたらないし・・・。
太古の遺産の不死と創造主はクリアできる気がしない。何度も挑んだんだけど文明2つぐらいを圧倒するのがせいぜいで、攻めこんでいるあいだに他の離れた文明が勝ってしまう。幸せペナルティが酷いので、文明の発展にはどうしても遅れをとるからだ。内海マップとかで沿岸都市を落として遺跡を建築させずに戦闘にもちこむしかないのか、うまいやりかたが思いつかない。んー。

 

過去 2週間のプレイ時間: 87.4h

・・・。絶句。
ね、寝落ちしてるだけなんだからね!
朝起きてスリープモードになってるのにファンが全開で回ってるAirを見ると、うわーっと思う。
ローマのクエストはゲームのほとんどが待ち時間なので、裏で動かしっぱにして他のことしてたりするし、、あーだこーだ。(言い訳)
はい、やりすぎですね。これくらいにしておきます。

 
お・・・っうふ。

Civシリーズ最新作『Sid Meier’s Civilization Beyond Earth』が発表、2014年秋に発売予定【PAX EAST 2014】
www.famitsu.com/news/201404/13051563.html

 

 

あ、あともうワンシナリオだけ・・・(死亡フラグ