「求刑4年禁錮6年」というサービスをこっそりとリリース


「求刑4年禁錮6年」というサービスをこっそりとリリースしました。
nazono.com/

なんのサービスかというと、不正確かつ不完全な地震予知を行うサービスです。それなりに考慮はしていますが地震予知という点では科学的検証を経て居らず不正確な警告をするものです。

 

タイトルについて

タイトルの「求刑4年禁錮6年」はイタリア、ラクイラ地震での裁判の判決からきています。
同裁判は、群発地震で怯える市民に対して、委員会メンバー7人(行政官2人、学者5人)が「群発地震はかならずしも大地震につながるものではない」と事実上の安全宣言をおこなった結果、一週間後にマグニチュード6.3の地震が発生し、300人以上の死者がおきた事件です。この安全宣言にたしいて、委員会メンバーが過失致死罪で起訴され、「不正確かつ不完全な地震予知をおこなったとして」求刑4年を超える6年の禁錮刑の執行猶予もない厳しい実刑判決がくだされました。
地震の予知、予測は現時点において非常に困難な現代において、観測と統計的な物言いしかできない科学者への実刑判決は科学と政治判断(安全宣言)をまぜこぜにしたもので、ちょっとどうなのよと思い、このタイトルにしました。
当初「懲役4年」という開発名にしていましたが、まさかの求刑以上の6年禁錮刑がいいわたされたことで、サービス名もバージョンアップです。それでも地球は動いていると言って有罪判決をうけたガリレオさんが偲ばれます。

 

プログラム

Javascriptがバリバリですので、遅いマシンでは大変なことになるかもしれません。jsと簡単な(php側の)sqlだけです。jsonでデータをやり取りしていますが、オープンアクセスなのでweb apiだと思ってもらってもいいんじゃないかと思ったりもします。
チューニング(データとしても、パフォーマンスとしても)も不十分で、あまり負荷がかかることを想定してません。

 

開発動機

マッシュアップアワード8に応募するためにちょっと頑張ったのでこの時期リリースです。

潮位と地震の関係は3.11直後より、半年ほど追跡をおこなっていました。

 

過去の地震情報をデータベースにつっこみ、M8以上の地震の発生後の2年いないの近縁地震発生確率などを求めたりしていた結果、M7程度の地震の発生は予断ならないと個人的結論に至ったからです。関連でいろいろなものを試作しましたが、その中で比較的有用なのではないかと思ったものが潮位と地震の発生関係でした。

 

スーパームーンの観測(3/19)と大地震(3/11)がほぼ同時期であったので、月と地震の関係が気になっていたことが、付きあわせのキッカケです。スーパームーンとは、月が地球に最も近づいたときに満月または新月を迎える現象で、地上から月がとても大きく見える現象です。
潮位と地震の関係については、データが十分にあり素人目で相関がありそうだぞと思ったのですが、私はただの紅茶屋で地震の専門家でも、地震予知ができたとしてそれを発表して世間を騒がせてもよい立場ではないので、関連の団体にメールだけして事を終えました。
しかしながら、「東北地方太平洋沖地震対応臨時委員会報告」(http://zisin.jah.jp/pdf/SSJ_final_report.pdf)などその後の続報を見て、前向きに取り組んではどうかという提言で実態としてはあまり進んでなさそうだぞと寂しく思うところもあり再度データの視認性を高めたものです。

 

潮位と地震の関係(http://kuippa.com/choui.php)で作ったものから細部データを落としているので地震発生のメカニズムにおける重要情報が欠落し、相関性が下がってきているという部分もありますが、地震情報はすでにビッグデータでバックテストやフォワードテストをかけるには十分なだけの情報量があります。

 

私がつくったものはただのお騒がせ野郎アプリですが、誰かが興味を持って自己相似による周期計算や相関係数を現在計算・・・をしてくれると、もしかしたら、結構な精度で地震発生の予見ができたりしたらいいなーとか思っています。
発展系では潮位と犯罪発生率の相関図とか、出生率の相関とか出せたら楽しいですよね。
サービス的には多くの人を楽しませるものではなく、ちょっと不安にさせるものなので心苦しいのですが、地球上の地震の8割だかが集中する日本で暮らしているのであれば、本来、地震の予知など必要なく、毎日起きるとおもってもらってかまわないと思うのであります。これだけ応力が変化すると次も、それなりの規模の地震がいつどこでおきてもおかしくないです。

 

 

赤い線、まだ、つながってないところがありますね・・・。

 

 

 

ヒートマップで歪も可視化できるようになりました。

 

参考

潮汐トリガー研究の重要性 末 芳樹

何故,後予知なのか 科学技術政策研究所客員研究官  松村正三

zisin.jah.jp/pdf/SSJ_final_report.pdf
地震発生における地球潮汐の影響 -数値シミュレーションによるアプローチ- 鶴岡 弘、大竹 政和


メイカーズ 過剰生産の先にある雇用


diamond.jp/articles/-/25870
2006年に“ロングテール”、09年に“フリー”というITブームを牽引するコンセプトを作った米国の評論家クリス・アンダーソンが、今週米国で“メイカーズ”(Makers: The New Industrial Revolution)という新しい著書を刊行しました

 

Makers: The New Industrial Revolution
www.amazon.com/Makers-The-New-Industrial-Revolution/dp/0307720950

 

アマゾンからkindleで電子書籍でならすぐ読めるんじゃねぇかと思うけど、読まずに粗筋から適当に類推して、このテーマで問題になりつつある過剰生産について考えてみたいと思う。

 

 

自動化や情報化は世の中の生産効率を著しくあがってきている。
市場経済下で価格は人々の需要に相対して決定される。需要より供給が過剰に上回れば作りすぎたキャベツのように潰さなければならない。過剰に作りすぎたものについては価値が形成されず、売値より出荷する手間賃などの方が上回るからだ。

 
現代の雇用の大多数は生産に従事することによりなりたっている。鉄鉱石の掘削から製鉄、農作物、はたまた車のような加工があり、生産があるからこそ、人々を支えるサービス業などが成り立つ。

 
100の生産を行うのに100人の人間が必要な産業があったと仮定する。
1人あたりの生産性は10だ。
機会化が進むとこれが1人あたり10倍の効率で生産をおこなえるようになった。
100の需要を賄う生産に必要な人数は10人だ。
残りの80人は別の”仕事”をすることができるようになり我々の生活が向上した。
さらにオートメーション化が進み、1人あたりの生産は100倍になったとする。
100の需要を賄うのに必要な人員は1人だ。
残りの99人は別の仕事をすることができるようになった。

 

 

「できるようになった」という表現は柔和な表現だ。
残りの99人は必要とおもわれる需要を掘り起こさなければ、食べるために別の仕事にありつけないという問題をつくりだした。人間の群全体としては生産が足りていたとしても、その個体が社会から必要とされるためには、群に対してその有益性を顕示しないとならない。それが現代の働くという意味になっている。需要が創出できず市場の成長がとまればひいては雇用の問題に発展する。

 
もてあました生産性で新たな需要を求め途上国へ進出するようになった。
だがしかし、情報化社会は非熟練労働者でも同じ生産性や製造品質を実現するという水準にまで生産性を向上させ、お客さんであったニューカマーの新たな生産者に変えてしまう。新たな生産者10億人はさらに新たな市場を求めなくてはならない。

 
市場の競争は何か特定のところに利益が集まっていれば、それが平準化されるまで新規参入による挑戦が続く。
個人としての生存戦略であればスマイルカーブの両端、所謂口角の部分の部分に居られるようにするよりない。

 
だがしかし大局観をもってこの余剰生産と雇用を見つめると、%で(指数関数)効率化する情報化社会と等差級数でしか増えない需要では勝負はみえている。いずれあらゆる面で供給が需要を追い抜く。

 
そうなってくると価格を決める要素となるのは現代では希少性だけだ。
価格決定におけるプロセスにもいろいろな方法があり、原価計算による手間賃を上乗せした定率法などと、希少性などをもちいたプレミアム価値がある。プレミアム価値による価格決定は労働生産性という意味で同一軸上で評価することに意味がなくなる評価限界がいずれくるのではないかと思う。

 
実態評価(労働換算による評価)の難しいブランド価値形成がこのままいくと、受給のわずかな濃度差にレバレッジをかけたゲームになってしまい、雇用という意味あいにおいては危険である。
facebookやgoogleが史上最大の時価総額を記録しようとも、企業価値評価と雇用が結びつかないっちゅうお話しでした。でも、多分本の内容はおまえらこうしたら儲かるぞ的なことなんじゃないかと思う( ´,_ゝ`)