冬に向けて、今年は地震の備えもわすれずに


www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111118/dms1111181549019-n1.htm

大震災“的中”の博士「関東近海でM9」と警告!その恐るべき根拠
2011.11.18
 東日本大震災の発生を“的中”させた研究者が、マグニチュード(M)9・0級の地震発生リスクが高まっていると指摘し、注目されている。震源地は関東地方の近海、十勝沖の可能性があり、地震エコーと呼ばれるFM放送向け電波の乱れが「3・11」発生前と似たような動きを示しているというのだ。今度は首都圏や北海道に最大震度7の強烈な揺れや大津波が襲いかかってしまうのか。

この図をみておもうところたがあった。
自分が調べた地震空白域と重なるのだ。
地震空白域
黄色いところが1968年以降の地震空白域だ。

詳しくは震災直後のこのころブログに書いた。
地形を観察する
1968年からの地震空白域

空白域のほうは関東では若干内陸寄りだ。おそらく東京都が予測している湾北の海溝地震にあたるのではないかと思う。フィリピン海プレートがよこたわっているのでこの新聞報道のように東海地方にはかかっていない。というか、東北地方を中心に過去に起きた地震震源域を調べたので調べていないともいう。
いやしかし、電波で予測して2つもあったらどっちかもしぼりこめないじゃないかと残念でならない。

なんか言いすぎて口がすっぱくなってますが、日本に住んでいたら地震とは切り離せない土地柄です。今回の大地震に関係なく全国的に備えておきましょう。特に今年は、日本近海で大規模な地殻変動があり、地殻にヒビがはいった状態にあります。

やわらかいホットケーキをたわませたところを想像してみてください。割れたホットケーキの亀裂というのは伝達して拡がっていきます。割れたときの衝撃が地震です。亀裂が伝達するときにも地震はおきます。東日本大震災では通常の400Km以上が1万倍以上の力で壊れているので、当然関連地震も多いです。

怖がらせてばかりでもうしわけないですが、安心し惚けていい要素はあまりないので、ちょっと心配してください。でも、心配しすぎてしまっているひとは安心してください。3.11のような大震災ですら地震で死ぬ確率はガンで死亡する確率の1/10です。10年平均で考えれば1/100です。だから体調管理に割いている10%ぐらいの投資で対策しましょう。今年はリスクがあがっているので、ちょっと高めでもこんなもんかと思います。

 

さて、冬の備えなしは2次災害で死ねるので備えあれば憂いなしということで、無駄かもしれませんが少し考慮してください。特に、経営者や教員など、人に対して、人の環境にたいして責任ある立場のひとは、まわりに同意を得ることは難しいかもしれませんが、思うばかりではなく行動が重要になります。

mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/11/18/20111119k0000m040077000c.html

東日本大震災:M7以上の余震発生確率15%…気象庁
 気象庁は18日、東日本大震災の震源となった宮城県沖で12月14日までの1カ月間にマグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率が15.1%とする予測結果を、同日開かれた地震予知連絡会に報告した。「被災地では引き続き大きな余震に注意が必要だ」としている。

潮位と地震の連動性を調べる奴はシステムとしては止めてしまいましたが、遅効性の移動平均と潮位の変動のクロスで地震の発生日の危険日ぐらいは出るような気もしています。この日だとかいって危険煽っても逆効果なのでそういうことはやめておこうと思ってたのですが、報道や関東の人々の感じをみるとだいぶ忘れてきているので、煽ったほうがいいのかなとも。
まあ気がむいたら。

ではでは!